人財 働き方 アンケート調査 組織 【アンケート調査】障がい者雇用に関する調査

2018年4月1日の「改正障害者雇用促進法」の施行を受けて、就業中の身体障がい者と精神障がい者合計338名*1と、障がい者を雇用している企業の人事担当者400名を対象にアンケート調査を実施しました。
*1:有効回答数400名から、一定数に達した精神障がい者と身体障がい者の回答を抜粋して集計

障がい者への調査

Q1. 現在の勤務先への就職活動中に困ったことや、課題に感じたことはありましたか?

そもそもの求人件数が少ない…身体障がい者:11.7% 精神障がい者:35.9% 障がいの内容をどこまで伝えるべきかわからなかった…身体障がい者:10.5% 精神障がい者:32.9% 自分に向いている仕事や、適正がわからない…身体障がい者:5.8% 精神障がい者:25.1% 特に困ったことはなかった…身体障がい者:66.1% 精神障がい者:37.1%
全体結果をみる

Q1 現在の勤務先への就職活動中に困ったことや、課題に感じたことはありましたか?

(n=338、複数回答:上位回答5つを抜粋) 全体=338名、精神障がい者=167名、身体障がい者=171名 そもそもの求人件数が少ない…全体:23.7% 精神障がい者:35.9% 身体障がい者:11.7% 障がいの内容をどこまで伝えるべきかわからなかった…全体:21.6% 精神障がい者:32.9% 身体障がい者:10.5% 自分に向いている仕事や、適正がわからない…全体:15.4% 精神障がい者:25.1% 身体障がい者:5.8% 仕事内容、処遇の希望の条件に合う仕事がない…全体:18.3% 精神障がい者:24.6% 身体障がい者:12.3% 特に困ったことはなかった…全体:51.8% 精神障がい者:37.1% 身体障がい者:66.1%

就職活動について、身体障がい者の66.1%が、「特に困ったことはなかった」と答えたのに対し、精神障がい者ではその割合が37.1%にとどまり、両者で29.0ポイントの差がありました。精神障がい者の主な悩みは、「そもそもの求人件数が少ない」(35.9%)、「障がいの内容をどこまで伝えるべきかわからなかった」(32.9%)、「自分に向いている仕事や、適正がわからない」(25.1%)があげられ、身体障がい者と比べて明らかに高い結果となりました。

Q2. 現在の勤務先での仕事内容や待遇、職場環境などにどの程度満足していますか?

職場環境 身体障がい者…不満・やや不満:18.7% どちらでもない:22.2% 満足・まあ満足:59.1% 精神障がい者…不満・やや不満:26.3% どちらでもない:28.7% 満足・まあ満足:44.9% 業務内容 身体障がい者…不満・やや不満:12.9% どちらでもない:32.2% 満足・まあ満足:55.0% 精神障がい者…不満・やや不満:25.1% どちらでもない:32.9% 満足・まあ満足:41.9% 職場の人間関係 身体障がい者…不満・やや不満:12.9% どちらでもない:31.0% 満足・まあ満足:56.1% 精神障がい者…不満・やや不満:27.5% どちらでもない:36.5% 満足・まあ満足:35.9%
全体結果をみる

Q2 現在の勤務先での仕事内容や待遇、職場環境などにどの程度満足していますか?

(n=338、単数回答) 総合的な仕事への満足度 精神障がい者…満足・まあ満足:34.1% どちらでもない:35.3% 不満・やや不満:30.5% 身体障がい者…満足・まあ満足:52.0% どちらでもない:32.7% 不満・やや不満:15.2% 1.職場環境 精神障がい者…満足・まあ満足:44.9% どちらでもない:28.7% 不満・やや不満:26.3% 身体障がい者…満足・まあ満足:59.1% どちらでもない:22.2% 不満・やや不満:18.7% 2.業務内容 精神障がい者…満足・まあ満足:41.9% どちらでもない:32.9% 不満・やや不満:25.1% 身体障がい者…満足・まあ満足:55.0% どちらでもない:32.2% 不満・やや不満:12.9% 3.職場の人間関係 精神障がい者…満足・まあ満足:35.9% どちらでもない:36.5% 不満・やや不満:27.5% 身体障がい者…満足・まあ満足:56.1% どちらでもない:31.0% 不満・やや不満:12.9% 4.給与、福利厚生 精神障がい者…満足・まあ満足:25.7% どちらでもない:32.3% 不満・やや不満:41.9% 身体障がい者…満足・まあ満足:44.4% どちらでもない:29.2% 不満・やや不満:26.3% 5.スキルアップの機会 精神障がい者…満足・まあ満足:24.6% どちらでもない:38.9% 不満・やや不満:36.5% 身体障がい者…満足・まあ満足:35.7% どちらでもない:47.4% 不満・やや不満:17.0% 6.人事評価、昇進・昇格 精神障がい者…満足・まあ満足:21.0% どちらでもない:34.7% 不満・やや不満:44.3% 身体障がい者…満足・まあ満足:34.5% どちらでもない:42.7% 不満・やや不満:22.8%

現在の仕事の満足度について質問したところ、総合的な満足度において、身体障がい者では52.0%が「満足」と答えたのに対し、精神障がい者で満足している人は34.1%で、17.9ポイントの差がありました。
具体的な項目においても、すべての項目で精神障がい者の満足度が身体障がい者よりも低い傾向にあり、なかでも、精神障がい者が特に不満を持っていたのが、「人事評価、昇進・昇格」(44.3%)と「スキルアップ」(36.5%)で、身体障がい者よりも約20ポイント不満の度合いが高い結果となりました。

Q3. 現在の勤務先で、ストレスや不満を感じていますか?

自分の将来が不安なこと…身体障がい者:22.2% 精神障がい者:48.5% 給与や福利厚生などの待遇面…身体障がい者:21.6% 精神障がい者:40.7% 昇進・昇給しづらいこと…身体障がい者:17.0% 精神障がい者:40.1% 上司との人間関係…身体障がい者:18.1% 精神障がい者:36.5%
全体結果をみる

Q3 現在の勤務先で、ストレスや不満を感じていますか?

(n=338、複数回答:上位回答5つを抜粋) 全体=338名、精神障がい者=167名、身体障がい者=171名 自分の将来が不安なこと…全体:35.2% 精神障がい者:48.5% 身体障がい者:22.2% 給与や福利厚生などの待遇面…全体:31.1% 精神障がい者:40.7% 身体障がい者:21.6% 昇進・昇給しづらいこと…全体:28.4% 精神障がい者:40.1% 身体障がい者:17.0% 上司との人間関係…全体:27.2% 精神障がい者:36.5% 身体障がい者:18.1% 同僚・後輩・部下との人間関係…全体:25.1% 精神障がい者:31.1% 身体障がい者:19.3%

仕事でストレスや不満を感じることとしては、精神障がい者は「自分の将来」(48.5%)、「給与や福利厚生などの待遇面」(40.7%)で、身体障がい者の回答(「自分の将来」(22.2%)、「給与や福利厚生などの待遇面」(21.6%))と比較すると、ここでも両者の意識に大きな差が見られました。

人事担当者への調査

Q4. 現在の勤務先の障がい者の雇用における、今後の採用方針をお聞かせください

積極的:65.8% どちらとも言えない:22.5% 消極的:11.8%
全体結果をみる

Q4 現在の勤務先の障がい者の雇用における、今後の採用方針をお聞かせください

(n=400、単一回答) 全体…積極的:15.8% やや積極的:50.0% どちらともいえない:22.5% やや消極的:9.8% 消極的:2.0% 身体障がい…積極的:33.0% やや積極的:33.3% どちらともいえない:22.5% やや消極的:6.3% 消極的:5.0% 知的障がい…積極的:8.0% やや積極的:21.8% どちらともいえない:32.5% やや消極的:16.0% 消極的:21.8% 精神障がい…積極的:6.8% やや積極的:17.5% どちらともいえない:32.5% やや消極的:19.8% 消極的:23.5% 発達障がい…積極的:6.5% やや積極的:16.5% どちらともいえない:39.3% やや消極的:16.3% 消極的:21.5%

今後の障がい者の採用意向については、65.8%の企業が積極的に障がい者を雇用する意向を示しました。障がいの種別で見ると、身体障がい者の採用を検討していると答えた企業が66.3%でした。一方、精神障がい者の採用を検討していると答えたのは、35.0%にとどまりました。

Q5. 現在の勤務先で障がい者を雇用するにあたっての課題は?

雇用したい人材が見つからないこと:32.8% 社内に担ってもらうポジションの仕事がないこと:29.5% 現場の受け入れ体制が整っていないこと:29.3% 日々の業務サポートの人手が足りないこと:28.5% 職場環境の整備:28.3%
全体結果をみる

Q5 現在の勤務先で障がい者を雇用するにあたっての課題は?

(n=400、複数回答:上位回答5つを抜粋) 雇用したい人材が見つからないこと:32.8% 社内に担ってもらうポジションや仕事がないこと:29.5% 現場の受け入れ体制が整っていないこと:29.3% 日々の業務サポートの人手が足りないこと:28.5% 職場環境の整備:28.3%

障がい者を採用するにあたっての課題については、「雇用したい人材が見つからない」(32.8%)、「社内に担ってもらうポジションや仕事がないこと」(29.5%)が挙げられました。

Q6. 現在の勤務先の障がい者雇用に関して、改善が必要だと思うことは?

障がい者と健常者が一緒に働ける職場づくり:33.8% 職場環境がよくないこと:24.3% 職場における障がい者雇用率;23.5% 障がい者への配慮が足りないと感じる場面があること:18.8%
全体結果をみる

Q6 現在の勤務先の障がい者雇用に関して、改善が必要だと思うことは?

(n=400、複数回答:上位回答5つを抜粋) 障がい者と健常者が一緒に働ける職場づくり:33.8% 職場環境がよくないこと:24.3% 職場における障がい者の雇用率:23.5% 「障がい者への配慮が足りない」と感じる場面があること:18.8% 「障がい者への差別や偏見がある」と感じる場面があること:17.5%

勤務先における障がい者の雇用に関して改善が必要なことでは、「障がい者と健常者が一緒に働ける職場づくり」(33.8%)がトップに挙げられました。

  • 【調査概要】
    〈障がい者への調査〉
    調査対象:週20時間以上勤務している障がい者
    サンプル : 338名(精神障がい 167名、身体障がい 171名:障害者手帳もしくは療育手帳を所持)
    有効回答数400名から、一定数に達した精神障がい者と身体障がい者の回答を抜粋
    調査方法:インターネット調査
    実施期間:2018年11月14日~20日
  • 〈企業への調査〉
    調査対象:障がい者を雇用している企業(従業員数45人以上)の人事担当者
    サンプル : 400名
    調査方法:インターネット調査
    実施時期:2018年11月14日~20日