お知らせ

Adecco、東京都の「東京セカンドキャリア塾」事業を5年連続で受託
都内在住又は在職の55歳から64歳、65歳以上のコースを設け、経験やスキルを活かしたセカンドキャリアを支援

  • このページをFacebookでシェアする
  • このページをTwitterでシェアする
  • このページをLinkedInでシェアする
2022.08.30

人財サービスのグローバルリーダーであるAdecco Groupの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川崎健一郎)の人財派遣およびアウトソーシング事業のブランドであるAdeccoは、東京都による「令和4年度東京セカンドキャリア塾」 事業の実施事業者に5年連続で選定されました。2022年10月から2023年3月までの半年間、以下3つのコースを開講し、Adeccoが企画・運営を行います。

【東京セカンドキャリア塾が開講するコース】
①都内在住又は在職の65歳以上を対象としたコース
②都内在住又は在職の55歳以上64歳までを対象としたコース
③中高年齢者と企業を対象としたオンラインコース

東京セカンドキャリア塾ウェブサイト
https://www.biz-senior.tokyo/school/

東京都は、超高齢社会に対応するため、シニア層がやりがいを感じて活動できる場を拡充し、生涯にわたり一人ひとりが生き生きと活躍できる社会の創出を目指しています。その施策の一環として、Adeccoは、自身のスキルや経験を活かして、セカンドキャリアを見つけるための新たな学習の場として『東京セカンドキャリア塾』を企画・運営いたします。本事業では新たな知識を習得しながら仲間とともに学び合える喜びを通じて、社会参加への意識や価値観の変革を促し、自身の強みを活かして再び活躍するイメージを具現化することで、就労や社会貢献への意欲の醸成を促進してまいります。

昨年から新設されたオンラインコースでは、中高年齢者だけでなく、中高年齢者を雇用する人事担当者を対象とし、働き手とシニア活用を推進する企業側へも意識改革を促し、双方が今後のセカンドキャリアに向けて準備ができるように支援を行ってまいります。

Adecco Groupは人財サービスのグローバルリーダーとして、仕事を通じて躍動する人財の輩出と、人財が躍動できる環境の創出により、社会へ変革をもたらすことを目指しています。今後も様々な取り組みを通じ、働く人々と組織の躍動に貢献してまいります。

プレスリリースに関するお問い合わせ

Adecco Group Japan 広報部
Tel. 050‐2000‐7024
お問い合わせフォーム