お知らせ

Adecco Group Japan、プログラミング×フィールドワークで町づくりを学ぶ小学生向け体験型イベント『ぷろぐライク』第2弾を開催
― 新しい学習体験を提供し、子どもたちのキャリア教育を支援 ―

  • このページをFacebookでシェアする
  • このページをTwitterでシェアする
  • このページをLinkedInでシェアする
2022.11.15

人財サービスのグローバルリーダーであるAdecco Groupの日本における事業を統括するAdecco Group Japan(本社:東京都千代田区、代表:川崎健一郎)は、二子玉川エリアに住む小学生を対象に、プログラミング授業と町中でのフィールドワークを組み合わせた体験型イベント『ぷろぐライク』を開催します。 本イベントは、Adecco Group、株式会社東急エージェンシー、東京都市大学都市生活学部 西山敏樹研究室、一般社団法人二子玉川エリアマネジメンツの4者が合同で企画を行い開催します。

今回実施する、小学生向け体験型イベント『ぷろぐライク』では、小学3年生から6年生の子どもたちを対象に、ロジカルシンキングを養うプログラミングを用いて学習を行い、座学だけではなくハンディキャップ体験や町中でのフィールドワークを通じて、改善点や住みやすい町づくりについて新たな視点で自ら考え・学ぶことを目的として企画・実施します。

Adecco Group Japanは、2021年にはSDGsを経営戦略の根幹に据えた中期事業計画を策定し、「『人財躍動化』を通じて、社会を変える。」というビジョンのもと、国連が掲げる持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)における17の目標のうち、「4.質の高い教育をみんなに」「8.働きがいも経済成長も」「9.産業と技術革新の基盤を作ろう」の3つの目標達成に向けた様々なサービスや施策を展開しています。
今回の『ぷろぐライク』のイベントもその一環で、「4.質の高い教育をみんなに」をテーマに、未来を担う子どもたちへ身近な題材をもとに体験し、社会課題とその解決方法について考え・行動変容できる機会の提供を目指しています。

今後もアデコでは、人財サービスのグローバルリーダーとして、雇用・労働に関わるさまざまな施策を実施することで、企業の生産性および業績の向上にも寄与するだけでなく、働く人々のキャリア開発と雇用の安定化を支援してまいります。

 

<イベント概要>
開催日時 2022年12月17日(土)11:30~15:00(受付開始 11:00)
集合場所 東京都市大学 二子玉川夢キャンパス(二子玉川ライズ内)
イベント内容 0部:scratch(プログラミング)体験(希望者のみ)
※0部に参加希望の方は11:00~11:30の間で体験いただきます。

1部:ハンディキャップ体験(車いす、高齢者体験など)
2部:二子玉川の町の課題発見フィールドワーク
3部:プログラミング講義(ゲームの裏側を見てみる)
4部:プログラミング志向を使って町の課題解決を考える
5部:チーム発表
対象者 小学3年生~小学6年生の児童対象(保護者の同伴は不可)
募集人数 25名(応募者多数の場合、抽選)
参加費 無料
お申し込み方法 申し込みフォーム
応募締め切り:12月14日(水)

プレスリリースに関するお問い合わせ

Adecco Group Japan 広報部
Tel. 050‐2000‐7024
お問い合わせフォーム